塾を選ぶならプロに頼んでみる【学びやすいところ発見】

学習塾の選び方

書籍

子供の塾の選び方について

子供の学力をアップさせたり、中学や高校や大学を受験するためには、塾や通信教育や家庭教師などのサポートが必要となります。それぞれにメリットやデメリットがあるので、子供に合った方法を選択していくと良いでしょう。一般的にはその中でも塾を選択する家庭が多いようです。塾は勉強を教えるだけでなく、塾に通うことで多くの受験の情報を得ることができます。塾にも集団指導と個別指導の2つのパターンがあります。無料体験や短期講習などを利用して、実際に授業を受けてから、子供に合ったタイプの塾を選びましょう。個別指導の場合は、時間や教科やコマ数も自由に選ぶことができるので、塾とよく相談して、無理のない範囲でスタートするのが良いでしょう。

個別指導のメリットに点いて

個別指導のメリットは、その子供のペースで、わかっていない所の指導を受けることができることです。集団タイプの塾では、理解の早い子供は成績が上昇していきますが、理解がややゆっくりの子供や、勉強があまり得意ではなく、それまでにわからない所がある場合は、ついていけなくなってしまいます。個別指導の場合は、先生が2〜3人に1人つくため、先生はその子のわかっていない所を把握し、適切な指導を行うことができます。また先生が身近なので、質問がしやすいという雰囲気もあります。家庭教師だと費用が高額になってしまいますが、個別指導は価格もリーズナブルです。個別指導は、勉強がやや苦手な子供、学校の授業について行けない子供、理解がゆっくりな子供には特におすすめしたい塾といえます。